Biography
Shimaji - bass, vocal
Band History
Tabata  Watanabe

シマジマサヒコ

'68年2月6日生まれの水瓶座。同じ誕生日にはボブ・マーリー、フランソワ・トリュフォー、大槻ケンジ、福山雅治、Tommy February6、等々国内外で名の知られた人物が多いが、ま、いいかそれは……。
経緯は省くが音楽、いや楽器をはじめたのは高校生の頃。最初からベースでジャズフュージョンのような音楽に憧れていた。
また経緯は省くが、大学受験を期に美術家への道を志す。がしかし結局美大へはいかずデザイン専門学校へ。以来音楽と美術二足のわらじ。
またまた経緯は省くものの、学生時代にジョン・ゾーンなどNYダウンタウンミュージックに出会い大きく感化される。フリーインプロバイザーを標榜する。
短期間就職したり、やめてバイト生活をしながらイラストレーターへの道を模索しつつ、バンド活動やフリーミュージックの演奏を続ける。
24歳頃、体調や人間関係などネガティブな事柄が多く、しんどいのが嫌で前衛からは少し遠ざかり、いわゆるミクスチャーロック、ハードコア系のバンドを転々としてみる。
で、また経緯は省くが28のときニューヨークで3ヶ月過ごし、アートや音楽に対する姿勢をただす。転機。でもって前衛魂復活。
帰国後'99年頃から在日カナダ人らとBeef Snobというバンド結成、短命に終わるもこの前後に知り合った人脈など、現在の音楽活動に繋がる重要な期間。
'01年グルーブインプロビゼーションバンドJUGEM結成。
'02年JUGEMのライブを観に来ていた田畑氏に誘われ、レニングラード・ブルースマシーンに加入。通算5代目のベーシストとなり、現在に至る。
'05年1月現在、体重が田畑氏を追いかけはじめていることに気づき、やや焦りを感じている……。

copyrights © Leningrad Blues Machine All Rights Reserved